福祉医療と大学のこと

私が大学生だった頃に、医療に関する大学に通っていた人間と知り合ったことがあります。
その人物は医療の中でも福祉医療を専門に学習している人でした。
私は自分が学校で学んでいることとどのように違うのかとても興味があったので、その人に授業の内容について聞いてみたことがありました。
そこで私が知ったのは医療の中でもその人が学んでいるものは特別なものであることです。
彼が学んでいる福祉医療は障害を持っている人のための医療だったのですが、だからこそ医療の質が大切になるという彼の考えに私は深く共感しました。
その人物はとても真面目な人だったので、毎日熱心に勉強に励んでいるのがわかって、私は日本の医療の将来はとても明るいと思いました。
彼のような真面目な人が日本にこれから多く増えてくれば、日本の福祉医療はより優れたものになるだろうと思ったのです。
そのために教育の専門機関である大学の果たす役割はとても大きいのだと思います。

Copyright(c) 福祉医療 大学 All Rights Reserved.